給湯器の水漏れを自分で修理する方法はあるか

水道は水を流していることもあり、なにか問題が起きれば、すぐに水漏れを起こすことになってしまいます。給湯器にも水道が接続されていますが、本当にわずかな隙間であっても漏れてくるのが大きな問題になるでしょう。修理をしていく必要がありますが、問題は原因を特定できるのかにあります。水道 修理を円滑に進めるためにも、一体どこに原因があるのかを突き止め、方法を考えていかなければいけません。原因と状況によっては、自分で修理するのではなく、専門業者に依頼する方法を取ったほうが良いケースもあります。ガスや電気を使ってお湯を作る設備なのですから、知識のない人が修理をしようとすると危険な場合もあります。安全に修理ができることが一番です。

■水漏れを起こす理由

給湯器に接続されている水道から水漏れを起こす理由はさまざまです。圧力をかけて使っていくものになるため、長期出張などに出たりして長期間使っていなかった場合には、減圧するためにドレーンから水が漏れてくることがあります。この場合にはほぼ問題がありません。ただし、内部で凍結して膨張し、破損しているような場合には、修理が必要になります。破損は各所で起きている可能性があり、かなり複雑な修理になるでしょう。経年劣化も同様で、パッキンなど劣化の早いゴム製の部分は交換していかなければいけません。単純にゴムだけであれば交換するだけで改善するため、場所がわかれば自分でおこなえる可能性もあります。ただし、1か所起きれば他のか所でも同様の劣化が進んでいるため、寿命と考えることもできるでしょう。

■不完全燃焼の問題

給湯器を見てみると、複雑には見えないという人もいるでしょう。内燃機関の構造がわかれば、修理はできないわけではありません。しかし、ガスや電気、灯油などの燃料を使い燃焼させて温めている構造のため、気密を取るなどの必要性が出てきます。水道の修理といっても、実際に簡単ではない点に注意が必要です。見よう見まねでおこなって不完全燃焼を起こして一酸化炭素中毒になった例もあります。水漏れを起こしてしまっても、実際にはすぐに故障するようなことはありませんが、内燃機関にかかれば不完全燃焼を起こします。もちろん、安全装置もついているため、危険性は低く抑えてあるものの絶対はありません。修理の方法がわからないときには、できるだけ早く専門業者に依頼するほうがいいでしょう。

■まとめ
給湯器の水漏れは、さまざまな原因を抱えていると考えて間違いありません。単純に水抜き用のドレーンホースから流れているだけであれば、これは健全な証拠です。しかし、素人では判断が難しい部分もあるため、専門業者に定期的に点検してもらうことも必要になってきます。安全に使えることが大切な機器になってくるのですから、素人判断でおこなわないことも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ