給湯器の水漏れの修理ができずに交換するメリット

物が故障してしまったとき、なんでも修理ができるほうが良いと考える人も多いです。費用も抑えることができますし、機能も取り戻すことができるでしょう。給湯器から水漏れを起こしているときでも、修理で対処できるのであれば対応してもらいたいでしょう。費用も抑えられますし、素早く対応もできます。ですが、どんな状況でも修理ができるとは限りません。修理をするためにはいくつもの条件が必要であり、満たすことができなければ給湯器 交換となることを覚悟しなければいけないでしょう。逆に早めに対処を考えることで、得をするようなことも出てきます。使用年数の問題で修理ができなくなることも考えておかなければいけないでしょう。

■修理ができなくなる時とは

給湯器から水漏れを起こしてしまったときには、修理を考えるはずです。これが最も費用を掛けることなく素早く対処できるからです。しかし、素人には難しい側面もあり、簡単には対応はできません。専門業者に依頼することが確実な選択です。ですが、絶対に直るのかといえば、そうとは限らない理由が存在します。それが部品の供給が止まるということです。生産から10年もたつと、メーカーでも部品は作らなくなります。在庫もなくなってしまうため、修理をしたくてもできなくなるケースもあります。こうなると、交換するしかありません。だいたい設置から7年程度経った時には、交換になると考えておくと良いです。

■交換してしまうメリット

給湯器の水漏れで交換することには、さまざまなメリットがあります。新しくなるというのが大きな要因につながりますが、古いままではいつ他の部分も故障するかわかりません。1か所水漏れを起こすということが経年劣化であるのなら、当然他の場所でも起きてくる可能性が出てきます。そうなると、連続して修理していかなければいけない可能性が高まるということです。費用は安く上がりそうに見えても、潜在的にはリスクを抱えたままになります。新しい給湯器にすることで、新機能も使うことができます。燃料消費効率も高まっていくため、ランニングコストを抑えることにもつながるのも重要です。

■まとめ
修理が効かなくなれば、水漏れは止まらず、給湯器自体を使うことができなくなります。交換することは、デメリットばかりではありません。メリットになってくることもたくさんあります。費用的な部分も、長期的な視点で考えると交換してしまったほうが得になる場合もあります。時間的にもほとんどかけずに交換できるのですから、復旧という面でも検討してみても良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ